おすすめの…

おすすめの…

竹富島を訪ねてくださる方に1番お薦めしたいこと、それは、何もしないことです。
変な言い方かも知れませんが、竹富島に来て、あれやこれやとするのではなく、とにかく、のんびりと過ごしていただきたいのです。

今日日、人々は、本当に大変な毎日を送っているのではないでしょうか。
時間に追われたり、仕事に追われたり、お金に追われたり…。
また、人間関係が難しかったり、慢性的に睡眠不足だったり、先の見えない社会に不安を感じていたり…。

なお、当たり前のことですが、ここ竹富島でも1日は24時間で、朝が来て、昼が来て、夜が来ます。
しかし同じ1日でも、竹富島では時間がゆっくり流れているような気がします。
皆さまも、どうか竹富島にいらっしゃる間だけは、その流れに身を委ねていただきたいと思います。
そして少しでも、心穏やかに過ごしていただけたら嬉しく思います。


●おすすめの…旅行シーズン

竹富島は亜熱帯に属しているため四季を通じて温暖ですが、その中でもご旅行に適した時期をご紹介いたします。

  1. 3月下旬~5月上旬。うるずんと呼ばれる竹富島の春。爽やかで清々しい季節。

  2. 6月下旬~7月上旬。竹富島の夏。天気も安定し、晴れて夏らしい日が続く。

  3. 10月下旬~11月中旬。竹富島の秋。心地良く、過ごしやすい晴天が多い。

●おすすめの…滞在プラン

竹富島での滞在時間(日数)に合わせたおすすめプランをご紹介いたします。

なお、ご旅程が2泊3日以上の方は、上記のプランをご参考の上、ご自身のプランを組み立ててみてください。
ただし、プランは詰め込み過ぎず、のんびりとお過ごしくださいますように…。


●おすすめの…雨の日の過ごし方

竹富島を訪れて困ってしまうのが、雨の日の過ごし方…。
レンタサイクルで周るわけにもいかず、また、雨の中を浜に出かけるのもちょっと…。
島内の宿にお泊りの方ならお部屋でのんびりすることもできますが、日帰りの方はそうもいきません。
そんな時にお薦めしたいのが、下記のお店です。


●おすすめの…星空浴

竹富島にいらっしゃったら、是非、星空を眺めてみてください。そして、どこまでも広がる星空を、全身で浴びていただきたいと思います。
ちなみに、竹富島の星空は…

ちなみに八重山地方では、流れ星のことを「ふしぬやーうちー」と言い、星の(ふしぬ)お引越し(やーうちー)という意味なのだとか。なんとも可愛らしい表現ですね。


●おすすめの…文化施設

竹富島をより深くお知りになりたい方は、下記を訪ねてみてください。