竹富島について

竹富島について

竹富島は、東京から約2,000km、沖縄本島から約450km離れた、日本列島の西の端に位置しています。
そのため、日本の他の地域に比べると、日の出、日の入りの時刻が遅くなります。
東京に比べると約1時間、札幌に比べると約1時間半、遅い日の出、日の入りです。

また、竹富島は珊瑚礁の隆起によってできた低くて平らな島で、南北にやや長い楕円形をしています。
大きさは、南北約3.4km、東西約2.7km、海岸線長は9.2kmです。

さらに、竹富島とその周囲の海は、【西表石垣国立公園】に指定されています(竹富島自体が、国立公園の中にあります)。
また、ここは世界で最も美しい海域の1つと言われ、日本最大の珊瑚礁を有する【石西礁湖】でもあります。

なお、竹富島の緯度は、ハワイのホノルルや、フロリダのマイアミとほぼ同じです。
亜熱帯に属しているため四季を通じて温暖であり、年間の平均気温は24度、年間の平均海水温度は25度あります。
ただし、1年中暑いわけではなく、長くて蒸し暑い夏と、短くて北風の強い冬が特徴です。
夏は太平洋高気圧に覆われて南風が吹き、晴れて蒸し暑い日が多くなります。
冬は大陸性高気圧が張り出して北風が吹き、曇りや小雨の降る肌寒い日が多くなります。
春と秋は太平洋高気圧と大陸性高気圧がぶつかるところに梅雨前線や秋雨前線ができ、その位置によってお天気が変わります。
なお、各月の平均気温や天候は下記の通りです。

竹富島では、年に2回(春と秋)、人間や家畜などに関する調査を行っています。直近(2020年10月)の結果は下記の通りです。

<人間>

<家畜>